中小企業で新商品開発をお考えなら|研修・考え方|Osada Consulting

コスト戦略と差別化戦略について

企業が属する業界の中でどういうポジションでどう戦っていくのか、競争地位を選択することをポーターの基本戦略と言い、マーケティング考え方の1つです。こちらでは、ポーターの基本戦略のうち「コスト戦略」と「差別化戦略」についてご紹介します。

コスト戦略とは

コストを削減してより低価格の製品、サービスを提供するのがコスト戦略です。

コスト戦略とは

技術革新や市場変化に左右されることもありますが、他社よりも低価格の商品を販売することでシェアアップが期待でき、製品の横展開や付属品の販売がしやすい、生産規模・量が増加して生産コストが下がるなどのメリットが挙げられます。

他社より技術力に勝り市場シェアを大きく獲得することができれば、他社の新規参入を阻む、競合他社以上に良い収益にも繋がります。

差別化戦略とは

業界の中でもユニークだと見られる何かを創造し、他社とは差別化を図った自社製品で競争優位を築くのが差別化戦略です。他とは違った特異な何かを生み出すためにはコストがかかるかもしれませんし、特異性から万人受けしない可能性もあります。

しかし、差別化された製品は競合他社との価格競争を回避することができるという大きなメリットが期待でき、自社製品やサービスを他社と比較して認知上の価値を付加・創造することで企業の優位性に繋がります。消費者にとっては唯一無二のものとなるため、とても喜ばれるでしょう。

自社にあった戦略を見極める

ポーターの基本戦略は、ハーバード大学ビジネススクールのマイケル・ポーター教授によって提唱されました。教授によると、コスト戦略と差別化戦略は絶対的なトレード・オフ関係で、この2つの戦略を同時に追求すると逆に競争優位に繋がらないとされています。

自社にあった戦略を見極める

「企業イメージの一貫性が失われることで評判・名声が落ちる」、「経営陣から現場に至るまで社内が混乱する」といった理由が挙げられ、どちらを取るかでその後のやるべきことやコストダウンの考え方、客層なども変わってくるため、しっかりと自社の取るべき経営戦略を見極める必要があります。

新商品開発をお考えの中小企業は、新製品・新商品開発や新規事業立ち上げ、新規顧客・既存顧客の市場開拓をサポートしているOsada Consultingをご利用ください。

研修講座・セミナーも行なっており、これまでの実践経験や事例により学んできたことを活かしてより質の高い研修をご期待いただけます。新商品開発や研修など、企業成長のサポートは是非Osada Consultingにお任せください。

新規事業立ち上げや新商品開発、営業支援相談なら【Osada Consulting】概要

名称 Osada Consulting
所在地 〒210-0007 神奈川県川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンテイアビル12階 KCCIインキュベータ
電話番号 080-2255-6957
E-mail koutarouosada@gmail.com
URL http://www.osada0803.com
業務内容 新規事業の立ち上げ、新商品開発、営業支援相談、企業研修など
説明 新規事業の立ち上げや新商品開発をお考えの中小企業をサポートする【Osada Consulting】です。 企業研修・セミナーにて、これまでの事例をもとに新商品開発の考え方やマーケティングなどについてお伝えいたします。 既存顧客へのアップセルにお悩みの方も是非ご相談ください。 コンサルタント長田耕太郎が実践に基づく研修講座を提供いたします。

2015© 長田耕太郎