企業研修・ケーススタディ研修などのコンサルなら|Osada Consulting

ワークショップとセミナーの違い

チームビルディング研修やケーススタディ研修、ワークショップセミナーなど、企業研修には様々なものがあります。本当に必要な企業研修を実施するためには、これらの違いをしっかり把握しておくことが大切です。こちらでは、企業研修についての基礎知識として、ワークショップとセミナーの違いを解説します。

ワークショップとは

主体的な参加者があって成り立つワークショップは、参加者が積極的に意見交換を行うグループ活動のようなもので、主に講師の話を聞くスタイルのセミナーとは異なります。

実際に作業をしたり他の参加者の体験を聞いたりするなど、自主的に参加して実践を伴うグループ活動を行うことで、満足感を得ることもできます。

ワークショップとは

全員が活動の中心となり、最後には自分のグループや他のグループの参加者の体験を聞くシェアリングの時間が設けられることも多く、1人では得られない気づきや質の高い経験を得ることができます。

また、参加者同士が繋がりやすいため人脈作りも期待できます。ワークショップには、問題解決型の組織系、合意形成型の社会系、教育学習型の人間系、これらの3つの要素を併せ持つ変革型の複合系などがあります。

セミナーとは

教師と学生が少人数で意見交換や研究、発表、討論などを行うドイツ語のゼミナールと語源が同じで、ビジネスシーンでは少人数で行う研修や講習会を指します。

ビジネスマナーやスキルアップ、マーケティングなど分野も様々で、専門知識を持った技術要素の高い方や専門知識の伝道者が講師となり、実技よりも理論的な指導が中心となります。

セミナーとは

テーマに沿って内容が濃く展開され、巧みな話術によるプレゼンは分かりやすく・素早く情報を吸収することができます。書籍やインターネット検索では不十分な情報も、深い理解に繋がるでしょう。

自分自身のスキルアップになるのはもちろん、ビジネスに活かせるヒントや刺激、多角的な視点での考え方などを身につけることができます。場の作りやすさから、様々なスタイルがあるのが特徴です。

企業研修をコンサルタントに依頼する際は、Osada Consultingへご相談ください。これまでに多くの企業の新規事業、新規顧客市場開拓、新製品や新商品の市場開拓などを実践してきた経験やノウハウに基づいた研修講座を提供しています。企業研修のサポートだけではなくコンサル業務も行っていますので、コンサル内容や提供価格など、詳しくは是非お気軽にお問い合わせください。

新規事業立ち上げや新商品開発、営業支援相談なら【Osada Consulting】概要

名称 Osada Consulting
所在地 〒210-0007 神奈川県川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンテイアビル12階 KCCIインキュベータ
電話番号 080-2255-6957
E-mail koutarouosada@gmail.com
URL http://www.osada0803.com
業務内容 新規事業の立ち上げ、新商品開発、営業支援相談、企業研修など
説明 新規事業の立ち上げや新商品開発をお考えの中小企業をサポートする【Osada Consulting】です。 企業研修・セミナーにて、これまでの事例をもとに新商品開発の考え方やマーケティングなどについてお伝えいたします。 既存顧客へのアップセルにお悩みの方も是非ご相談ください。 コンサルタント長田耕太郎が実践に基づく研修講座を提供いたします。

2015© 長田耕太郎